使用可能タグ一覧表
下の表は当レンタル掲示板で利用可能なタグの一覧表です。
下記の注意点をご理解した上でご使用ください。

[ タグ使用上での注意 ]
  投稿の本文以外ではタグは使用できません。
また、文法的に誤りがあったり、下記以外のタグを使用した場合、
投稿中の全てのタグが無効となる場合があります。



  | A | ADDRESS | AREA | B | BIG | BLOCKQUOTE | BLINK | BR | CAPTION | CENTER | DL , DT , DD |
| DIV | EM | FONT | H |  HR | I | IFRAME | IMG | LI | MAP | MARQUEE | OL |  P | PRE |
  | S | SMALL | SPACER | STRONG | SUB | SUP | TABLE | TD | TH | TR | TT | U | UL |

タグ
属性(+ 属性値)
機能
利用例
A
HREF
リンクの設定
Yahoo! への<A HREF="http://www.yahoo.co.jp/">リンク</A>です。
   ↓
Yahoo! へのリンクです。
HREF="mailto:送り先メールアドレス
メール発信の設定
ご意見を <A HREF="mailto:mohwaki@realint.com">メール</A> してね!
   ↓
ご意見をメールしてね!
ADDRESS
 
主にページクリエイター
情報等に使用
<ADDRESS>最終更新日:平成12年12月10日</ADDRESS>
   ↓
最終更新日:平成12年12月10日
AREA
 
クリッカブルマップの設定
1枚の絵の複数ヶ所にリンクボタンを設定するタグです。
詳しくはタグの参考書を参照してください。
B
 
テキストの太字表示
ボールドにすると<B>逆に見にくい</B>こともあります。
   ↓
ボールドにすると逆に見にくいこともあります。
BIG
 
フォントサイズを
ワンランク上に表示
デフォルトより<BIG>ワンランク上</BIG>になります。
   ↓
デフォルトよりワンランク上になります。
BLOCKQUOTE
 
引用文の表示
文章を引用する場合に使用するタグです。
<BLOCKQUOTE>
前後をはさむことによって、前後が1行空きになり、左右がインデント表示されます。Mac版のIE4.0では前1行が空きませんのでご注意ください。
</BLOCKQUOTE>
   ↓
文章を引用する場合に使用するタグです。
前後をはさむことによって、前後が1行空きになり、左右がインデント表示されます。Mac版のIE4.0では前1行が空きませんのでご注意ください。
BLINK
 
点滅文字の指定
<BLINK>テキストを点滅させます。I Eでは効果がありません。</BLINK>
   ↓
テキストを点滅させます。I Eでは効果がありません。
BR
 
テキストの改行設定
テキストを意図的に<BR>改行させることができます。
   ↓
テキストを意図的に
改行させることができます。
CENTER
 
センタリングの設定
<CENTER>このタグで前後をはさむとセンタリングされます。</CENTER>
                 ↓
このタグで前後をはさむとセンタリングされます。
DL , DT , DD
 
定義型リストの指定
<DL><DT>定義型リストとは?<DD>言葉とそれの定義を一組にしてリスト表示します。自動的に改行され、定義の部分はインデント表示になります。</DL>
   ↓
定義型リストとは?
言葉とそれの定義を一組にしてリスト表示します。自動的に改行され、定義の部分はインデント表示になります。
DIV
ALIGN
行揃えの指定
<DIV ALIGN=LEFT>■これは左寄せです。</DIV>
   ↓
■これは左寄せです。
<DIV ALIGN=CENTER>■これはセンタリング。<DIV>
■これはセンタリング。
<DIV ALIGN=RIGHT>■これは右寄せです。<DIV>
↓      
■これは右寄せです。
EM
 
強調表示
テキストを<EM>強調して</EM>表示します。
   ↓
テキストを強調して表示します。
タグ
属性(+ 属性値)
機能
利用例
FONT
COLOR
テキストカラーの指定
テキストの色を<FONT COLOR=RED>部分的</FONT>に変えることができます。
色の指定は<FONT COLOR=006633>16進数</FONT>か<FONT COLOR=ORANGE>カラーネーム</FONT>で指定します。 16進数についてはこちらをご参照ください。
   ↓
テキストの色を部分的に変えることができます。
色の指定は16進数カラーネームで指定します。 16進数についてはこちらをご参照ください。
FACE
フォントの種類指定
表示フォント書体を部分的に指定します。
<FONT FACE=MS P明朝, 細明朝体>
このタグで指定したフォントがブラウズ側のシステムにインストールされている場合は指示通りに表示されます。インストールされていない場合は、ブラウズ側がブラウザで設定したフォントで表示されます。また、ブラウザの設定によっては、このタグは機能しない場合があります。
</FONT>
   ↓
表示フォント書体を部分的に指定します。
このタグで指定したフォントがブラウズ側のシステムにインストールされている場合は指示通りに表示されます。インストールされていない場合は、ブラウズ側がブラウザで設定したフォントで表示されます。また、ブラウザの設定によっては、このタグは機能しない場合があります。
SIZE
フォントサイズの指定

フォントのサイズを1〜7段階で指定することができます。
・このフォントサイズは<FONT SIZE=1>「1」に設定されています。</FONT>
・このフォントサイズは<FONT SIZE=4>「4」に設定されています。</FONT>
・このフォントサイズは<FONT SIZE=7>「7」に設定されています。</FONT>
   ↓
フォントのサイズを1〜7段階で指定することができます。
・このフォントサイズは「1」に設定されています。
・このフォントサイズは「4」に設定されています。
・このフォントサイズは「7」に設定されています。

H
 
ヘッダのサイズ指定
“見出し”であることを表すタグで、テキストは自動的に太字になり前後が1行空きになります。1〜6までの6段階で、その数が大きくなるほど文字は小さく表示されます。
<H1>・このテキストは「H1」に設定されています。 </H1>
<H3>・このテキストは「H3」に設定されています。</H3>
<H6>・このテキストは「H3」に設定されています。</H6>
   ↓
“見出し”であることを表すタグで、テキストは自動的に太字になり前後が1行空きになります。1〜6までの6段階で、その数が大きくなるほど文字は小さく表示されます。

・このテキストは「H1」に設定されています。

・このテキストは「H3」に設定されています。

・このテキストは「H6」に設定されています。
ALIGN
ヘッダの並び指定
<DIV>タグと同様<H1 ALIGN=CENTER>〜</H1>のように並び指定をすることができます。詳しくは<DIV>の欄を参照してください。
タグ
属性(+ 属性値)
機能
利用例
HR
 
横罫線の設定
横罫線(区切り線)を入れます。
  <HR>
   ↓


WIDTH
横罫線の幅指定
横罫線の幅(長さ)を指定します。
指定はピクセル数かブラウザのウインドウに対する%で指定します。
<HR WIDTH=300>
   ↓

SIZE
横罫線の太さ指定
横罫線の太さを指定します。
指定はピクセル数で指定します。
<HR SIZE=10>
   ↓

ALIGN
横罫線の揃え指定
WIDTH属性を使用した場合にはALIGN属性によって揃えを指定できます。
                <HR WIDTH=200 ALIGN=RIGHT>
                       ↓

NOSHADE
横罫線の影無し指定
横罫線を影無しにします。SIZE属性と併用しなければ効果はありません。
<HR SIZE=30 NOSHADE>
   ↓

COLOR
横罫線の色指定
16進数やカラーネームによって色を指定します。
16進数についてはこちらをご参照ください。
なお、ネットスケープではこの属性はサポートされていません。
<HR SIZE=5 COLOR=006633>
   ↓

I
 
テキストを斜体表示
テキストを<I>斜体で表示</I>します。
   ↓
テキストを斜体で表示します。
IFRAME
 
フローティングウインドウ
の設定
ページの中にもう一つウインドウを表示します。
大きさ指定を何もしなければウインドウがつぶれてしまいますので、横幅(WIDTH)と縦幅(HEIGHT)は必ず指定してください。
また、フローティングウインドウ内に表示するページ(SRC)は、あなたが使用するサーバに置き、必ず「http://」からはじまるフルパスで指定してください。

<IFRAME SRC=http://www.realint.com/iframe.html WIDTH=350 HEIGHT=50>
このタグはネットスケープではサポートされていません。
</IFRAME>
   ↓
IMG
SRC
インラインイメージの表示
画像イメージを表示します。
表示する画像イメージは、あなたが使用するサーバに置き、必ず「http://」からはじまるフルパスで指定してください。
表示できる画像イメージはJPEG,GIFのみとなっております。

<IMG SRC=http://www.realint.com/images2/sample.jpg>
   ↓
タグ
属性(+ 属性値)
機能
利用例
LI
 
リストの項目指定
下記<OL><UL>タグと併用します。
MAP
 
クリッカブルマップの設定
1枚の絵の複数ヶ所にリンクボタンを設定するタグです。
詳しくはタグの参考書を参照してください。
MARQUEE
 
テキストのスクロール設定
<MARQUEE>
テキストが右から左にスクロールします。
このタグはネットスケープではサポートされていません。
</MARQUEE>
   ↓
テキストが右から左にスクロールします。
このタグはネットスケープではサポートされていません。
OL
 
番号順リストの定義
リストの頭に番号をつけるタグです。
番号は1から始まり自動的に増えていきます。

<OL>
<LI>starting over
<LI>Duty
<LI>vogue
<LI>End of the World
<LI>SCAR
<LI>Far away
<LI>SURREAL
<LI>AUDIENCE
<LI>SEASONS
<LI>teddy bear
<LI>Key〜eternal tie ver.〜
<LI>girlish
</OL>
   ↓
  1. starting over
  2. Duty
  3. vogue
  4. End of the World
  5. SCAR
  6. Far away
  7. SURREAL
  8. AUDIENCE
  9. SEASONS
  10. teddy bear
  11. Key〜eternal tie ver.〜
  12. girlish
P
 
センテンス設定
<P>
このタグで囲まれた部分はひとつの段落と認識され、前後が1行空きになります。終タグの省略が可能なため、<P>のみで改行後1行空きさせるためのタグとしても使用できます。
</P>
   ↓

このタグで囲まれた部分はひとつの段落と認識され、前後が1行空きになります。終タグの省略が可能なため、<P>のみで改行後1行空きさせるためのタグとしても使用できます。

ALIGN
行揃えの指定
<P>〜</P>で囲まれた部分の行揃えを指定します。
使用方法は前記<DIV>と同じですので、ご参照ください。
PRE
 
整形済みテキストの指定

<PRE>
このタグで
  はさまれたテキストは、
    本来無視されてしまう
      HTMLファイル上の改行や
        スペースなどをもとの原稿
          そのままに表示できます。
</PRE>  
   ↓

このタグで
    はさまれたテキストは、
        本来無視されてしまう
            HTMLファイル上の改行や
                スペースなどをもとの原稿
                    そのままに表示できます。
タグ
属性(+ 属性値)
機能
利用例
S
 
テキストに抹消線をつける
<S>このタグではさまれたテキストには抹消線がつきます。</S>
   ↓
このタグではさまれたテキストには抹消線がつきます。
SMALL
 
フォントサイズを
ワンランク下に表示
デフォルトより<SMALL>ワンランク下</SMALL>になります。
   ↓
デフォルトよりワンランク下になります。
SPACER
SIZE
縦横スペースのサイズ指定
ページ内に任意のスペースを設けるタグです。
インターネット・エクスプローラーではサポートされていません。
<SPACER SIZE=100 TYPE=VERTICAL>
   ↓
ページ内に任意のスペースを設けるタグです。
インターネット・エクスプローラーではサポートされていません。
TYPE=HORIZONTAL
横スペースの指定
SIZEでスペース幅をピクセルで指定し、横方向に設ける場合はTYPEでHORIZONTALを指定します。
TYPE=VERTICAL
縦スペースの指定
SIZEでスペース幅をピクセルで指定し、縦方向に設ける場合はTYPEでVERTICALを指定します。
TYPE=BLOCK
四角スペースの指定

WIDTH(横幅)とHEIGHT(縦幅)をピクセル数で指定し、任意の四角いスペースを設けます。
<SPACER TYPE=BLOCK WIDTH=100 HEIGHT=100>
   ↓
WIDTH(横幅)とHEIGHT(縦幅)をピクセル数で指定し、任意の四角いスペースを設けます。

STRONG
 
より強い強調表示
<EM>タグよりも<STRONG>強い強調表示</STRONG>をします。
   ↓
<EM>タグよりも強い強調表示をします。
SUB
 
テキストを下付添字にする
テキストの一部分を<SUB>下付添字</SUB>にします。
   ↓
テキストの一部分を下付添字にします。
SUP
 
テキストを上付添字にする
テキストの一部分を<SUP>上付添字</SUP>にします。
   ↓
テキストの一部分を上付添字にします。
TT
 
テキストの等幅指定
<TT>テキストの表示を等幅表示にします。<TT>
   ↓
テキストの表示を等幅表示にします。
U
 
テキストに下線をつける
テキストに一部分を<U>下線つき表示</U>にします。
   ↓
テキストに一部分を下線つき表示にします。
UL
 
マークつきリストの定義

テキストをマークつきの箇条書きにするタグです。<LI>タグと併用して使用します。<LI>タグにTYPEで属性を持たせることにより、マークを変更させることができます。なお、属性はMac版IEでは完全サポートされていません。

<UL>
<LI> デフォルトのマーク
<LI TYPE=DISK>黒丸
<LI TYPE=CIRCLE>白丸
<LI TYPE=SQUARE>四角
</UL>
   ↓

  • デフォルトのマーク
  • 黒丸
  • 白丸
  • 四角
タグ
属性(+ 属性値)
機能
利用例
TABLE
 
表を組む
下記の<TR><TH><TD>と併用し、表を組むタグです。

<TABLE BORDER>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
</TABLE>
   ↓
これが 基本的な 使い方です。
これが 基本的な 使い方です。
BORDER
外枠線の太さ指定
ピクセルで指定することにより、外枠線を自由に設定できます。

<TABLE BORDER=5>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
</TABLE>
   ↓
これが 基本的な 使い方です。
これが 基本的な 使い方です。
WIDTH,HEIGHT
テーブルの大きさ指定
WIDTH(横幅)とHEIGHT(縦幅)をピクセル数か%で指定し、表全体の大きさを指定します。

<TABLE BORDER=3 WIDTH=300 HEIDHT=100>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
</TABLE>
   ↓
これが 基本的な 使い方です。
これが 基本的な 使い方です。
ALIGN
表示位置の指定
表示位置をLEFT(左寄せ)、RIGHT(右寄せ)、CENTER(センタリング)で指定します。


<TABLE BORDER ALIGN=RIGHT>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
</TABLE>
   └→
これが 基本的な 使い方です。
これが 基本的な 使い方です。
CAPTION ALIGN
テーブルに付随するタイトル
の定義

テーブルに付随するタイトルをつけることができます。
テーブルを定義した<TABLE>タグの後でタイトルのテキストを<CAPTON>と</CAPTON>ではさみます。ALIGNオプションでタイトルを上に置く(TOP)か下に置く(BOTTOM)かを選択することが可能です。


<TABLE BORDER>
<CAPTION ALIGN=BOTTOM>
 タイトルはこのように表示
</CAPTION>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
</TABLE>
   ↓
タイトルはこのように表示
これが 基本的な 使い方です。
これが 基本的な 使い方です。

タグ
属性(+ 属性値)
機能
利用例
TR
 
テーブルの行定義

<TR>〜</TR>にはさまれている<TD>や<TH>が1行になります。
主に横線の役割と定義されています。

ALIGN
テキストの左右位置指定
各セルに配置するテキストの左右位置を指定できます。
それぞれ、LEFT(左寄せ)・CENTER(センタリング)・RIGHT(右寄せ)で定義します。デフォルトではLEFTになっていますので、左寄せにしたい場合は定義する必要がありません。


<TABLE BORDER=3 WIDTH=300 HEIDHT=100>
 <TR ALIGN=CENTER>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
 <TR ALIGN=RIGHT>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
</TABLE>
   ↓
これが 基本的な 使い方です。
これが 基本的な 使い方です。
VALIGN
テキストの上下位置指定
各セルに配置するテキストの上下位置を指定できます。
それぞれ、TOP(上揃え)・MIDDLE(中央揃え)・BOTTOM(下揃え)で定義します。

<TABLE BORDER=3 WIDTH=300 HEIDHT=100>
 <TR VALIGN=TOP>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
 <TR VALIGN=BOTTOM>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
</TABLE>
   ↓
これが 基本的な 使い方です。
これが 基本的な 使い方です。
TH
 
テーブルヘッダの指定
主に見出し用として使用されるタグで、セル内のテキストは自動的に太字・センタリングで表示されます。
BGCOLOR
セルのバックグラウンドカラーの定義
セルの背景に色をつけるオプションです。
色の指定は16進数かカラーネームで指定します。 16進数についてはこちらをご参照ください。

<TABLE BORDER>
 <TR>
  <TH BGCOLOR=CC6600>
   これが
  </TH>
  <TH BGCOLOR=FF9999>
   基本的な
  </TH>
  <TH BGCOLOR=FFFF66>
   使い方です。
  </TH>
 </TR>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
</TABLE>
   ↓
これが 基本的な 使い方です。
これが 基本的な 使い方です。
ALIGN
テキストの左右位置指定
各セルに配置するテキストの左右位置を指定できます。
TRの項目でご説明した使用方法と同じですので、ご参照ください。
VALIGN
テキストの上下位置指定
各セルに配置するテキストの上下位置を指定できます。
TRの項目でご説明した使用方法と同じですので、ご参照ください。
NOWRAP
テキストの改行禁止
テキストを改行させないオプションです。
COLSPAN
横方向に複数列またがせる
セル設定
横に並ぶ複数のセルをまたがせる設定です。
最初の(上の)横1列で指定し、その下の行で指定した数だけのセルを作成します。指定した数が合わなければうまく表示されませんので、ご注意ください。

<TABLE BORDER>
 <TR>
  <TH COLSPAN=3 NOWRAP>
   これが基本的な使い方です。
  </TH>
 </TR>
 <TR>
  <TD>
   これが
  </TD>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
</TABLE>
   ↓
これが基本的な使い方です。
これが 基本的な 使い方です。
ROWSPAN
縦方向に複数列またがせる
セル設定
縦に並ぶ複数のセルをまたがせる設定です。
またがせるセルにROWSPANの設定をし、またがっているセル数を指定します。
設定が合わなければうまく表示されませんので、ご注意ください。

<TABLE BORDER>
 <TR>
  <TH ROWSPAN=2>
   これが
  </TH>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
 <TR>
  <TD>
   基本的な
  </TD>
  <TD>
   使い方です。
  </TD>
 </TR>
</TABLE>
   ↓

これが 基本的な 使い方です。
基本的な 使い方です。
TD
 
テーブルのセル定義
テーブル内のセル1つ分の定義です。
前記<TH>でご説明したオプションは、すべて同じように使用することができます。
タグ
属性(+ 属性値)
機能
利用例